FOSS4G Japan 2021 Online コアデイ

日時

2021年12月4日(土) 13:00〜 (JST)

場所

オンライン(Youtube Live)

参加申し込み

当日はYoutube Liveにてオンラインで試聴できます。参加申し込みの必要はございません。

ハッシュタグ

#foss4gj (Twitter)

コアデイ セッションスケジュール

時間 A会場 B会場
13:00〜13:10 オープニング  
13:10〜13:40 基調講演1:関 治之 (Code for Japan / Georepublic Japan)
FOSS4G はシビックテックの孵卵器となれるか
 
13:40〜14:00 スポンサー講演1
Sabrina Chiang(HERE Technologies)
HERE on the way
 
14:00〜14:20 スポンサー講演2
西川 伸一(株式会社 Geolonia)
Charites を使用したベクトルタイル用のスタイルのエコシステム
 
14:20〜14:40 スポンサー講演3
本城博昭,清水珠里(株式会社ONE COMPATH)
到達圏検索をどう実現しているか
 
14:40〜15:00 スポンサー講演4
高田祐一(奈良文化財研究所) / 西尾 悟 (株式会社MIERUNE)
60万を超える地物の属性検索・描画に対応した文化財総覧WebGISの開発
 
15:00〜15:20 スポンサー講演5
長瀬 興(合同会社Georepublic Japan)
pgGeocoderのご紹介
 
15:20〜15:40 スポンサー講演6
嘉山陽一(IT DART/OSGeo.JP/朝日航洋株式会社)
スマートフォンを利用した災害時情報収集システムの開発
 
15:40〜16:00 休憩
16:00〜16:20 一般発表A1
三浦広志(OpenStreetMap Foundation Japan)
GISガチ勢になる方法
一般発表B1
大塚恒平(Code for History)
Web地図アプリのオフラインPWA利用を可能にするタイルキャッシュフレームワークWeiwudiの紹介
16:20〜16:40 一般発表A2
西尾悟(一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会)
三次元建物データやシミュレーションデータを円滑に可視化するためのNext.js/Deck.glを用いた汎用WebGISの作成
一般発表B2
田鎖順太(北海道大学大学院)
風車騒音を予測するGISソフトウエアの開発
16:40〜17:00 一般発表A3
坂口慧(ジョルダン株式会社)
ジョルダン株式会社の地図の歩み
一般発表B3
おざき
QGISのグラフィカルモデラーを使ってみた
17:00〜17:20 一般発表A4
楢山哲弘(株式会社MIERUNE)
Amazon Location Serviceを触ってみて
一般発表B4
原田 豊(立正大学 データサイエンス学部)
Windows版『聞き書きマップ』のQGISプラグイン化
17:20〜17:40 一般発表A5
井口奏大(株式会社MIERUNE)
シェープファイルの真の後継規格「FlatGeobuf」の普及啓蒙活動
一般発表B5
吉中輝彦(FOSS4G TOKAI)
QGISと点群とPLATEAUと
17:40〜18:10 基調講演2:Luca Delucchi (OSGeo / Fondazione Edmund Mach)
FOSS4G 2022: where, when, what
 
18:10〜18:15 クロージング  
18:30〜20:30 懇親会

コアデイ セッション紹介

基調講演1:関 治之 (Code for Japan / Georepublic Japan): FOSS4G はシビックテックの孵卵器となれるか

▲セッション一覧へ戻る

基調講演2:Luca Delucchi (OSGeo / Fondazione Edmund Mach): FOSS4G 2022: where, when, what

We will virtually guide you through the beauties of Florence, we will give you all necessary information to participate, present and contribute to FOSS4G 2022.
Participants! Presenters! Volunteers! Sponsors! We are looking for you!

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演1:HERE on the way

発表者: Sabrina Chiang(HERE Technologies)

HEREは世界最先端の位置情報データプラットフォームで複雑な社会、環境、ビジネス問題の解決に貢献しています。三菱やNTTの強いサポートを受け、HEREが日本のマーケットに発展していることや現在の進捗状況についてお話します。

HEREがどのようにコミュニティ(教育機関、プログラマー、そのほか団体)とWin-Winなコラボレーションをしているかについてもお話しします。

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演2:Charites を使用したベクトルタイル用のスタイルのエコシステム

発表者: 西川 伸一(株式会社 Geolonia)

株式会社 Geolonia が UN Vector Tile Tool Kit に寄贈したオープンソースプロジェクト Charites を使用すると、ベクトルタイル用のスタイルを従来よりも簡単に記述することが可能になります。

本セッションでは、このツールを使用したスタイル開発と、それによるエコシステムづくりについて解説いたします。

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演3:到達圏検索をどう実現しているか

発表者: 本城博昭,清水珠里(株式会社ONE COMPATH)

iOS版アプリ「地図マピオン」は2020年11月に大幅なリニューアルを行い、その後も定期的にレイヤ追加などのアップデートを行なっています。2021年3月には、到達圏検索レイヤをリリースいたしました。

今回は到達圏検索をどう実現しているかを、ルーティングAPIの紹介も含めてお話しさせていただきます。

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演4:60万を超える地物の属性検索・描画に対応した文化財総覧WebGISの開発

発表者: 高田祐一(奈良文化財研究所) / 西尾 悟 (株式会社MIERUNE)

奈良文化財研究所は、2021年7月に文化財総覧WebGISを公開しました。研究所保有のデータやオープンデータなどを整理し、全国の文化財に関するデータ約61万件をWebGISで表示できます。全国47都道府県の遺跡や建造物などの情報が対象です。さらに文化財の所在地、種別や時代等によって検索できるようにしました。文化財報告書が電子公開されているものであれば、報告書PDFを閲覧できるページに遷移もできます。61万件のデータを高速に表示する技術等もご紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演5:pgGeocoderのご紹介

発表者: 長瀬 興(合同会社Georepublic Japan)

PostgreSQLベースのジオコーダであるpgGeocoder(https://github.com/gtt-project/pgGeocoder)についてご紹介し、最近のデータ読み込みスクリプト対応・逆ジオコーダの改善や、今後の展望についてお話します。

▲セッション一覧へ戻る

スポンサー講演6:スマートフォンを利用した災害時情報収集システムの開発

発表者:嘉山陽一(IT DART/OSGeo.JP/朝日航洋株式会社)

災害時の情報収集システムとして2019年にLINEのボットを利用した位置情報つきデータ収集システムを構築して運用しました。2019年には災害現場でたくさん利用できましたが2020年携帯基地局が全滅した災害現場では利用できませんでした。そのような場合への対処としてオフラインでも情報収集できるシステムを開発しました。

▲セッション一覧へ戻る

GISガチ勢になる方法

発表者:三浦広志(OpenStreetMap Foundation Japan)

FOSS4Gのよさは、公開され、参加できるソフトウエアを利用できることです。では、開発コミュニティに参加して、もっともっと活用してみようではありませんか。

具体的なコミュニティへの参加をつうじて、参加して得られる豊穣のエコシステムを経験してみませんか。

▲セッション一覧へ戻る

三次元建物データやシミュレーションデータを円滑に可視化するためのNext.js/Deck.glを用いた汎用WebGISの作成

発表者:西尾悟(一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会)

東京大学では、建物構造物の耐震性評価を都市モデルとしてシミュレーションに生かすためのデータ標準化の設計や、シミュレーション結果の活用方法などを研究しているが、その中でAIGIDとしてWeb上での3D都市モデルなど円滑な可視化を支援した。PLATEAUの建物データなど、様々なデータをシンプルかつ手軽にWeb上に公開する必要があったため、モダンな技術を利用したアーキテクチャとなったが、OSSとしてGithub公開したためそれらについて紹介する。

▲セッション一覧へ戻る

ジョルダン株式会社の地図の歩み

発表者: 坂口慧(ジョルダン株式会社)

ジョルダンの地図は2020年に新しくなりました。

それから2021年は地図アプリ「行き方案内」の更新や地図のスタイルのレベル上げに注力してきました。

レベルアップしたジョルダンの地図の改善の取り組みや苦労を紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

Amazon Location Serviceを触ってみて

発表者: 楢山哲弘(株式会社MIERUNE)

Amazon Location Serviceの概要および実装、および制作したデモサイトについて

▲セッション一覧へ戻る

シェープファイルの真の後継規格「FlatGeobuf」の普及啓蒙活動

発表者: 井口奏大(株式会社MIERUNE)

「ファイルサイズの上限」「文字コード」「ファイルがたくさんある」

いろいろな使いにくさがあるシェープファイルことESRI Shapefileですが、現在でも世間でやりとりされるベクターデータの8割がた(体感)はこの形式です。

そこで最近大注目のベクター形式、FlatGeobufの魅力・特徴を、普及へむけた期待を込めて紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

Web地図アプリのオフラインPWA利用を可能にするタイルキャッシュフレームワークWeiwudiの紹介

発表者: 大塚恒平(Code for History)

Webをオフラインで利用可能にするPWA仕様ですが、地図アプリを対応させようとすると地図タイルのオフライン化に工夫が必要になります。その工夫を簡単にするWeiwudiフレームワークの紹介です。

▲セッション一覧へ戻る

風車騒音を予測するGISソフトウエアの開発

発表者: 田鎖順太(北海道大学大学院)

現在,日本各地で発電用風力発電の導入が進んでいるが,導入に際しては「騒音による影響」を考慮する必要があり,専門家に限らない多くの利害関係者による検討・議論が必要である.そのため,誰でも簡単に風車騒音を予測できるGISソフトウェアを開発することとした.任意の風車位置に対する周辺の騒音レベルやリスクの計算・表示を,R言語によって実装し,Web上だけではなくスタンドアロン環境でも動作するソフトウェアとなった.

▲セッション一覧へ戻る

QGISのグラフィカルモデラーを使ってみた

発表者: おざき

QGISでグラフィカルモデラー機能を使ってみました。

ノンプログラミングでジオプロセシング処理を組み合わせて結果を求められる素晴らしい機能です。QGISがバージョンアップするごとに洗練されてきているようなので最新の3.20でどんなことができるのか調べてみます。

▲セッション一覧へ戻る

Windows版『聞き書きマップ』のQGISプラグイン化

発表者:原田 豊(立正大学 データサイエンス学部)

安全点検地図づくりなどの支援ツールとして先行研究で開発した『聞き書きマップ』を、実践の現場に持続的に提供可能なものとするため、そのGISエンジンを、従来のArcGIS ExplorerからQGISに変更し、開発言語もMS Visual C#からPyQGISに切り替えて、全面的な移植作業を行った。GUIをPyQt5で作成し、音声の処理をQtMultimediaで行うことにより、従来と同等の基本機能を、QGISプラグインとして実装することができた。加えて、現在試作機を開発中の、乾電池駆動が可能な『聞き書きマップ』専用の一体型端末との連携ソフトウェアも作成した。

以上の開発により、持ち歩き端末として、①iPhone、②Android、③新端末試作機のいずれを用いた場合でも、それらで記録したデータを簡便にQGISプラグイン版『聞き書きマップ』に取り込んで使用できる見通しが得られた。

▲セッション一覧へ戻る

QGISと点群とPLATEAUと

発表者: 吉中輝彦(FOSS4G TOKAI)

QGISを用いて、点群データとPLATEAUの表示を行おうと。現在QGISでどのように表示できるのかというのを試した結果を紹介しようと思ってます。

▲セッション一覧へ戻る

Youtube Live

A会場

準備中

B会場

準備中