FOSS4G 2017 Tokyo コアデイ

開催日時

2017年10月15日(日) 11:00 – 18:00

場所

総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4 (OpenStreetMapはこちら

 

コアデイ セッションスケジュール

 

時間 メイン会場 サブ会場
10:30 開場
11:00 -11:10 開会挨拶
基調講演1
11:10 -11:30 OSGeo activities and a bit of stress on activities related to UN
Venkatesh Raghavan(大阪市立大学)
11:30 -11:50 FOSS4G2017Boston参加報告
瀬戸 寿一(東京大学CSIS)
11:50 -13:00 昼食
基調講演2
13:00 -13:20 地理院地図とFOSS4G 2017
出口 智恵(国土地理院)
13:20 -13:40 スマート安全シティについて、Citylabのための空間ビッグデータ戦略
Jyoung Choi(South Korea LH Corp)
13:40 -14:00 ナショナルスケール地理空間情報の収集と解析〜オープンデータの活用事例〜
柴田 嶺(総合地球環境学研究所)
14:00 -14:20 3次元地理空間情報のハンドリングのためのGeoserver拡張機能の開発
Hyung-Gyu Ryoo & Soojin Kim(プサン大学)
14:20 -14:30 休憩
先進的技術1 先進的技術2
14:30 -14:50 mago3D、あなたのブラウザにZ軸を追加して3Dによる革新をしよう!
Sanghee Shin(Gaia3D)
Rを使わないQGISによる地球統計解析
山川 純次(岡山大学)
14:50 -15:10 MySQL 5.7で刷新されたGIS機能のご紹介
山﨑 由章(日本オラクル株式会社)
Maplat – Historical Maps Viewer, guarantees nonlinear bijective projection
大塚 恒平(Code for NARA 横浜支部)
15:10 -15:30 マピオン、ベクタータイルはじめました
清水珠里(マピオン)
MapDでビッグデータを表示してみました…
井内一史(札幌R&Dセンター)
15:10 -15:30 FOSS4Gを用いた京都盆地の農地の変遷の把握
小田龍聖・Christoph Rupprecht(京都大学大学院農学研究科/総合地球環境学研究所FEASTprojectRA)
全球レベルの時系列衛星画像データを処理してOSSに渡すまで
堤田 成政(京都大学)
15:50 -16:00 休憩

OpenStreetMapを使って防災意識の向上 〜雪害編〜
澤田 学(オープンデータ京都実践会)
16:00 -16:20 タイトル未定
浅野 和仁(富田林市)
16:20 -16:40 地形が見える!「CS立体図」の開発
戸田 堅一郎(長野県林業総合センター)
16:40 -17:00 ジオリファレンスソフトウェア Map Warperの事例紹介(仮)
鎌田 遼・矢野 桂司(立命館大学)
17:00 -17:20 FOSS4Gを用いたGISオープン教材の開発とGitHubによる運用
山内啓之・小口 高・瀬戸 寿一・早川 裕弌(東京大学CSIS)
17:20 -17:40 GIS総研 活動報告(仮)
谷口 彰(GIS総研)
17:40 – 閉会挨拶・懇親会案内

※ セッション名をクリックするとセッションの詳細情報に移動します。

コアデイ セッション紹介

基調講演:

OSGeo activities and a bit of stress on activities related to UN

発表者: Venkatesh Raghavan(大阪市立大学)

概要

作成中▲セッション一覧へ戻る

FOSS4G2017Boston参加報告

発表者: 瀬戸 寿一(東京大学CSIS)

概要

作成中

▲セッション一覧へ戻る

地理院地図とFOSS4G 2017

発表者: 出口 智恵 (国土交通省 国土地理院 地理空間情報部)

概要

地理院地図は、ベースとなる地図の上に、1,800以上もの様々な情報を重ね合わせて見ることができるウェブ地図サービスです。FOSS4Gを活用しながら、地理院地図自身もFOSS4Gとしてもご活用いただけるよう、弛まぬ改良を続けています。この地理院地図について、その概要と最新の取組状況について紹介させていただきます。

▲セッション一覧へ戻る

スマート安全シティについて、Citylabのための空間ビッグデータ戦略

発表者: Jyoung Choi(South Korea LH Corp)

概要

国連ハビタットプログラムは、アフリカの市長の提案で、犯罪のない都市の安全都市でプログラムを開始しました。最近のスマート技術を反映し、より安全な City2.0 による20年間の安全都市計画は、スマートより安全な都市に発展しようとしています。本発表では、私は韓国の忠州市の空間ビッグデータ分析のケーススタディを通じて、現在のより安全な都市プログラム及び本出願の方法論でスマートな情報技術を反映した戦略を提案します。 Citylab、スマート安全都市の知識共有プラットフォームは、オープンソース利用により技術導入への障壁を下げることができるようになります。

▲セッション一覧へ戻る

ナショナルスケール地理空間情報の収集と解析〜オープンデータの活用事例〜

発表者: 柴田 嶺(総合地球環境学研究所)

概要

日本では政府のオープンデータ方針に基づき、地形や土地利用、人口分布などの様々なデータがインターネット上で公開されています。しかし、これらの膨大なデータを用いて新たな情報を得るためには、GISやRによるデータ処理など様々な工夫が必要です。本発表では、オープンデータを活用して日本国内の生態系サービス(自然が人々の暮らしにもたらす恵み)の評価・可視化を行なった事例を紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

3次元地理空間情報のハンドリングのためのGeoserver拡張機能の開発

発表者: Hyung-Gyu Ryoo & Soojin Kim(プサン大学)

概要

代表的なオープンソース空間データサーバの1つであるGeoServerは、多くの強力な機能を提供します。 特に、さまざまなデータソースからの空間データへの接続とパブリッシングをサポートします。 GeoServerはOpen Geospatial Consortiumによって地理空間フィーチャデータを要求するために設定された標準プロトコルであるWeb Feature Service(WFS)もサポートしています。 しかしながら、GeoServerは2次元ジオメトリのための関数しか提供しないため、3D空間データを処理する関数はほとんどありません。 GeoServerの重要なコンポーネントであるJTS Topology Suiteは3D空間操作をサポートしていないため、ソリッドジオメトリもサポートしていません。 この講演では、3D空間データを扱うために私たちが実装したGeoServerの拡張モジュールを紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

先進的技術:

mago3D、あなたのブラウザにZ軸を追加して3Dによる革新をしよう!

発表者: Sanghee Shin(Gaia3D)

概要

単一の地理空間プラットフォーム上にBIM / AEC(アーキテクチャ、エンジニアリング、建設)と3D GISを統合しようとする試みが数多く行われてきましたが、これらの試みの結果は現在まで満足できるものではありません。データモデルの違い、レンダリングされるデータの膨大な数、ファイルサイズの膨大な量が、BIM / AECと3D GISのシームレスな統合を妨げる主要な技術的障壁の1つです。また、BIM / AECと3D GISをWebブラウザで表示および統合するための要求がますます高まっています。これは、Web環境がアーキテクチャおよび地理空間ドメインで効果的な共同プラットフォームとして実証されているためです。この講演では、ウェブブラウザ上で BIM / AECと3D GISの大量の3Dデータを同時に管理、処理、視覚化できるmago3D(http://www.mago3d.com)というオープンソースベースのBIM / AEC-3D GIS統合プラットフォームを紹介します。mago3Dプラットフォームは、よく知られているオープンソースのGISプロジェクト、Cesium(http://cesiumjs.org/)とNASA World Wind(https://worldwind.arc.nasa.gov/)の上に開発され、 BIMおよびAEC(建築、エンジニアリングおよび建設)分野への機能拡張を同時に達成することを目指しています。

▲セッション一覧へ戻る

MySQL 5.7で刷新されたGIS機能のご紹介

発表者: 山﨑 由章(日本オラクル株式会社)

概要

最新バージョンのMySQL 5.7では、これまで独自実装だったGIS機能を刷新し、C++のBoost.Geometryライブラリを取り込んで再実装しています。本セッションでは、MySQL 5.7で刷新されたGIS機能と今後の開発方向性についてご紹介いたします。

▲セッション一覧へ戻る

マピオン、ベクタータイルはじめました

発表者: 清水珠里(マピオン)

概要

マピオンは2016年10月、研究開発の情報発信サイト「マピオンテックラボ」をオープンし、『ベクター地図』β版を公開しました。 本発表では、ベクター地図のサーバ構成、技術選択、今後の展望などをご紹介させてい ただきます。

▲セッション一覧へ戻る

FOSS4Gを用いた京都盆地の農地の変遷の把握

発表者: 小田龍聖・Christoph Rupprecht(京都大学大学院農学研究科/総合地球環境学研究所FEASTprojectRA)

概要

FEASTプロジェクトのWG1では,今日の食農システムがどのように機能しているのかを調査し、どうすれば生態的にも社会的にも持続可能な食農システムを構築していくことができるかを探求しています。複雑な食農システムの全貌を解きほぐしていくために、地理情報システムを用いた土地利用解析を試みています。今回の発表はGoogle Map/Earth,ストリートビューを用いて,京都盆地内の農地の2007年-2016年での変化をご紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

Rを使わないQGISによる地球統計解析

発表者: 山川 純次(岡山大学)

概要

QGISで地球統計解析を行うためにRを利用する方法がありますが、Rは面倒です。そこでRを使わず手軽に地球統計解析を実行できる次世代システムを開発しました。当日は新システムの概要とサポート体制について紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

Maplat – Historical Maps Viewer, guarantees nonlinear bijective projection

発表者: 大塚 恒平(Code for NARA 横浜支部)

概要

Maplat is the cool Historical Map/Illustrated Map Viewer. It can transform each map coordinates with nonlinear but bijective projection and makes possible that the maps can collaborate with GPS/accurate maps, without distorting original maps. Data editor of this solution is provided as another project, MaplatEditor.
注:日本語発表です

▲セッション一覧へ戻る

MapDでビッグデータを表示してみました

発表者: 井内一史(札幌R&Dセンター)

概要

GPUを活用したカラムナーデータべースであるMapDを使ってみました。従来よりもコンパクトに、省電力で、そして安価なサーバーを構築できます。

▲セッション一覧へ戻る

全球レベルの時系列衛星画像データを処理してOSSに渡すまで

発表者: 堤田 成政(京都大学)

概要

NASA/USGSやESAなどが大量の衛星画像アーカイブをオープンデータ化したことにより、誰でも自由に過去の衛星画像が使えるようになっています。しかし、データの量が膨大すぎてローカル環境では処理できないことが懸念です。そのためいまはやりのクラウドサービスGoogle Earth Engineを使い、ローカルのOSSで分析できるまでデータを前加工するのが現実的なアプローチだと思われます。今回は、2001~2016年まで月2回の頻度で格納されているMODISデータ(解像度250m)を使い、全球レベルで正規化植生指数(NDVI)を1年毎に平均してみて、その時系列トレンドを発表枠内で計算することに挑戦します。

▲セッション一覧へ戻る

OpenStreetMapを使って防災意識の向上 〜雪害編〜

発表者: 澤田 学(オープンデータ京都実践会)

概要

日本は様々な自然災害が発生します。地震、津波、洪水、土砂災害、高潮など様々あり、防災対策が急激に進んでいます。さて、”豪雪”を災害として認識されている方がどのくらいいるでしょうか?豪雪を災害として認識されている方はまだ多くないのではないかと思います。理由は、豪雪が発生する場所、発生しない場所がはっきりしているからです。さらに豪雪が災害として認識される場所、されない場所とあるからです。しかし、最近は気候変動で日本全国的に極端な集中豪雪が発生するリスクがあります。2014年2月の関東甲信を襲った集中豪雪を思い出してください。普段、10センチくらいしか降らない甲府で1m以上積もって大混乱しましたよね。雪害のハザードマップはごく一部しかありませんし、予算の関係でそれほど普及するとはあまり思えません。私としては普及して欲しいですが。そこで、OpenStreetMapを使ってみんなで雪害の時に役立つ情報をマッピングしようと思いつきました。

▲セッション一覧へ戻る

タイトル未定

発表者: 浅野 和仁(富田林市)

概要

作成中

▲セッション一覧へ戻る

地形が見える!「CS立体図」の開発

発表者: 戸田 堅一郎(長野県林業総合センター)

概要

曲率(Curvature)と傾斜(Slope)を用いて、地形を立体表現する図法である「CS立体図」について、開発の経緯、作製方法とCS立体図を用いた地形判読方法の基本についてご紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

ジオリファレンスソフトウェア Map Warperの事例紹介(仮)

発表者: 鎌田 遼・矢野 桂司(立命館大学)

概要

Map Warperは地理空間情報の開発者・コンサルタントのTim Warter氏が開発したジオリファレンスを行うためのwebアプリケーションです。GUI からの簡単な操作で、アップロードした地図にジオリファレンスを付与したり、その成果をダウンロードしたりすることができます。この発表では、Map Warperの概要と日本版 Map Warper(国際化対応版)の立ち上げについてお話しします。

▲セッション一覧へ戻る

FOSS4Gを用いたGISオープン教材の開発とGitHubによる運用

発表者: 山内啓之・小口 高・瀬戸 寿一・早川 裕弌(東京大学CSIS)

概要

今年9月のFOSS4G TOKYOでは、科学研究費基盤研究A「GISの標準コアカリキュラムと知識体系を踏まえた実習用オープン教材の開発」(平成27~31年度、代表者:小口 高)のプロジェクトで整備した教材について紹介しました。この教材は、QGISを中心に様々なFOSS4Gツールを用いて作成し、GitHubによる試験運用を行っています。また、大学の実習や講習会で実際に利用し、その結果に基づく改良を重ねています。本発表では、FOSS4G TOKYOで時間の関係上、説明を省略した教材やGitHubを用いた教材の運用手法について、詳しく紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

GIS総研 活動報告(仮)

発表者: 谷口 彰(GIS総研)

概要

GIS総研の活動報告 特に キッズデザイン協議会の活動をご紹介いたします。

▲セッション一覧へ戻る